new | 07 | 06 | 05 | 04 | 03 | 02 | 01 | past

Kiki's letter on web vol.60

キキ通信 vol.60

2016.8.29.mon.

お変わり無くお過ごしになられてますでしょうか。

ご無沙汰を致しております。

 

一年の季節が巡ると、自然は約束をしたように、

訪れては過ぎていきます。

四季折々の日々を偲ぶこともあり、

記憶の陰に忘れ去る日々を繰り返しては

歳を重ねてまいりました。

 

振り返れば、何と素晴らしい方々と出逢ったことでしょうか。

季節が巡る毎に、幾度お逢いしたでしょうか。

いえ、この先、幾度お逢い出来るのでしょうか。

 

この頃になりますと、時間の過ぎる速さに、戸惑いを覚えます。

過ぎる速さに逆らうより、今その時間を一度、

ゆるゆると巻き戻してみようかと思いました。

すると、お世話になった沢山の方が思い浮かびました。

 

過ぎた時間があるから、明日に向かう事に気づかされました。

限られた日々を、大切に改めて思うのです。

 

そんな時

ひとつの「詞華集」を綴ることに致しましたのは

画面のページから

紙面のページをめくり、お目もじしたいと考えたのです。

Kiki's letter on web vol.61

キキ通信 vol.61

2016.12.25.sun.

 

Joyex Noël

Bonne Anne'e

 

過ぎゆく年と

迎える年に寄せて

感謝と幸せを祈ります。

Kiki's letter on web vol.62

キキ通信 vol.62

2017.5.1.mon.

長い間途絶えておりましたキキ通信も、

5月になれば、私の冬眠は

もう覚めなくてはならないのです。

 

思えば、あの日

森のカフェで、「幸福論」を語り、

「幸せの再来」を語った時もありました。

モンパルナスで、鈴蘭の古い Card を箱いっぱい見つけた話も。

 

けれど、語る時間もそれから忘れ、いつか記憶の一頁になり、

もう二度とその頁を開くことさえ無く、

気が付けば熱く語る時は過ぎ、

私の体の血さえも失われて行くのでした。

 

けれど、季節は約束どうりに訪れ、木々には萌える若葉が芽映え、

限りない想いの花たちは、今年も私に語るのです。

 

「記憶へのオマージュ」に、

人も花も共に語る時間がありますように、 、と。

 

ーーー「記憶へのオマージュ」   詞華集より        2017・5・1

Kiki's letter on web vol.63

キキ通信 vol.63

2017.6.6.tue.

「記憶へのオマージュ」展示は無事に終わりました。

沢山の方にお逢いできました事に感謝いたします。

幸せな時間を有難うございました。

(写真クリックで拡大して見れます。)

Kiki's letter on web vol.64

キキ通信 vol.64

2017.11.6.mon.

kimicocollage

第43回現代童画展

上野公園東京都美術館にて

2017年11月10日〜16日

am9:30pm5:30

pm5:00まで入場

(最終日pm1:30まで)

吉田キミコの記憶から今

 

ついこの前まで、

いつかを夢みていた。

 

それはまだ、いつの日かは

遠くにあると思っていたから。

 

それは突然だった。

ある時、終着点が間近に

なっているのに気がついた。

 

魔法のような奇跡も無い事を知る。

当たり前のことには違い無いのに終わりの無い夢が

前に進まなくなった。

しばらく私は其処に立ち止まり後ろを振り返ってみる。

ああ、随分遠くまで来たことを知る。

先の方は、もう霞んで見えない。

私は深い溜め息をしてから

遠い記憶を振り返る。

それは消えてしまいそうにもなり、

又つい昨日の事のようでもあった。

古い箱を開けながら忘れていた日の物を見つけた時のように、

蘇る記憶に私の体も心も楽になった。

まるで気に入った自分の居場所に居るような時間だった。

 

深い眠りから目覚めた朝の光に

私は再び今日が始まる事に気がついた。

そして、今日の一頁が明日につながる、

それは又

記憶の物語の終わりではなく

はじまりの一頁になるのなら、

きっと綺麗な箱に大切に仕舞えるようにしなくては。

 

窓の外は

深い秋の長い夜。

風の音を聴きながら私は

どんな夢の続きをみる事だろうか。

そんな夜が明け

今、窓を開ける。

穏やかな朝の陽射しが眩しかった。

五月の

あの日に演じた

「記憶へのオマージュ」から

未だ、言葉を伝えられずに半月が過ぎてしまった。

きっと私の

「記憶へのオマージュ」は

未だ、終わることが無いことに気づいた。

例え

永遠の命が無くても

その言葉を綴じることに

限りは無いのなら

大切な言葉は頁に綴じて

美しい箱の中に仕舞いたい。

その箱が、

いつか何処かに流れても

遠い地の果てで朽ちても

魂が灰になっても。

new | 07 | 06 | 05 | 04 | 03 | 02 | 01 | past